初診のオンライン診療(遠隔診療)可能です
安心して当院を受診して頂くための対策

ホッと通信

健康診断

2020.05.23

名古屋市「もの忘れ検診」を受けましょう

名古屋市「もの忘れ検診」を受けましょう

認知症は誰もがなり得る脳の病気です

認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞の一部が死んでしまったり、働きが悪くなってしまうために「物事を記憶したり、判断する能力」や「時間や場所、人などを認知する能力」などが低下し、日常生活に支障をきたしている状態です。

 

認知症の主な原因としては、アルツハイマー病(脳の神経細胞が変化し、消失していく病気)や脳梗塞・脳出血(脳の血管がつまったり、破れたりする病気)などがあります。

認知症による「もの忘れ」の特徴

認知症の症状としては「もの忘れ」があります。高齢になると誰でも「もの忘れ」は増える傾向にありますが、老化による「もの忘れ」と認知症による「もの忘れ」は異なります。

 

◆老化によるもの忘れ

・体験の一部を忘れる。(例:食事したことは覚えているが、食べた物は忘れる。)

・忘れたことを自覚している。(例:昔、活躍した歌手の名前が思い出せない。)

◆ 認知症によるもの忘れ

・体験そのものを忘れる。(例:食事したこと自体を忘れる。)

・忘れたことが自覚できない。(例: ずっとやってきた料理の段取りを忘れる。)

認知症は早期発見、早期治療が大切です

認知症は、発症初期の段階から適切な治療を受けることにより、多くの場合、病状の進行を遅らせることができるとされています。そのため、早期に発見し、早期に治療することがとても大切です。
皆さまの家族や身近な方に認知症を疑う症状がある場合には、「もの忘れ検診」を受けるようにすすめてみましょう。

このような症状がある場合には、「もの忘れ検診」をおすすめします

  • 頻繁に物を置き忘れたり、無くしたりする。
  • 人と約束したこと自体を忘れる。
  • 数分前のことを忘れて、何度も同じことを聞く。
  • この頃、何事にも意欲や気力がなくなり、趣味にも関心がない。
  • 電子レンジやテレビのリモコンなど、使い慣れた機器の操作ができなくなる。

もの忘れ検診とは

「もの忘れ検診」は、認知症を早期に発見して適切な治療につなげることや、予防のきっかけとすることを目的とした検診です。

 

【対象者】65歳以上の市民の方(今年度中に65歳になられる方を含む)で、認知症と診断を受けていない方

【自己負担】無料

【検診間隔】年度に1回

【検診内容】問診による認知機能検査

 

注意:この検診は、認知機能の低下について、簡易的に検査するものであり、認知症の診断を行うものではありません。

「もの忘れ検診」の受診方法

【予約】当院での「もの忘れ検診」は予約制です。ご希望の方は、事前に受付窓口もしくは 052-352-2311(代表電話)にてご予約ください。

 

【受診】予約した日時に、保険証などの住所、生年月日がわかるものを持参して受診します。

 

【結果通知】問診と認知機能検査の後に結果を説明します。検診の結果、認知機能の低下が認められる場合などは、精密検査の受診をご案内します。

院長は名古屋市「もの忘れ相談医」に登録されています

院長は名古屋市医師会が主催した「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を受講し、名古屋市「もの忘れ相談医」に登録されています。もの忘れや認知症についての心配事やご相談がある方は、お気軽にご来院ください。

内科 | 小児科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 血液内科

〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町403番

小本駅徒歩5分小本駅徒歩5分駐車場15台あり駐車場15台あり
Facebook
052-352-2311WEB
診療時間
AM 8:45〜12:00 o o x o o *
PM 3:45〜7:00 o o x o o x

土曜日は8:45〜12:45の診療 【休診日】水曜・土曜午後・日曜・祝日