初診のオンライン診療(遠隔診療)可能です
安心して当院を受診して頂くための対策

ホッと通信

白血球増加

2020.03.14

白血球増加

白血球増加

毎年のように「白血球が多い」と指摘されていながら、発熱などの自覚症状が特にない人もいます。慢性的な白血球増加の原因は多くの場合、喫煙です。

 

たばこの有害物質によって体に慢性的な炎症が起こり、白血球が増加するためだと考えられています。 白血球だけでなく赤血球も増えて血液が”ドロドロ”になる(粘度が増す)こともあります。

 

また、喫煙そのものが心筋梗塞や脳梗塞、がんのリスクを高くしますが、白血球が増加していると、さらに心筋梗塞を発症しやすいことがわかっています。

 

喫煙をやめれば、多くの場合、白血球数の数値は正常になります。喫煙をしていて白血球が多い状態が続いている人は、自覚症状がなくても禁煙してください。

 

また、慢性的な白血球増加の重大な原因として、慢性骨髄性白血病があります。喫煙をしていないのに白血球が増加している場合は、自覚症状がなくても、血液内科などの専門医による検査を受けましょう。

内科 | 小児科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 血液内科

〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町403番

>アクセス・交通案内はこちら

小本駅徒歩5分小本駅徒歩5分駐車場15台あり駐車場15台あり
Facebook
052-352-2311WEB
診療時間
AM 8:45〜12:00 o o x o o *
PM 3:45〜7:00 o o x o o x

土曜日は8:45〜12:45の診療 【休診日】水曜・土曜午後・日曜・祝日