ホッと通信

小児の感染症

2019.02.11

子どものかかりやすい感染症(予防接種がある病気)

子どものかかりやすい感染症(予防接種がある病気)

麻しん(はしか)

・はやる季節:3月~8月

・かかりやすい年齢:2歳以下

・潜伏期間:9~12日

・症状:発熱・鼻水・せき・目の充血・全身に赤い発疹

・治るまでの期間(めやす):10日

・ポイント:感染力が極めて重くなる病気で、昔は「命さだめ」と言われたほどです。1歳になったらなるべく早く麻しん風しん混合(MR)ワクチンを受けましょう。小学校入学前に2回目のMRワクチン接種を受けましょう。

風しん(三日ばしか)

・はやる季節:3月~7月上旬

・かかりやすい年齢:1歳~9歳

・潜伏期間:14~21日

・症状:リンパ節のはれ・発熱・全身に赤い発疹

・治るまでの期間(めやす):5日

・ポイント:「三日ばしか」と呼ばれることがあります。免疫のない妊婦がかかると先天性心疾患や難聴などの障害をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。1歳になったら早めに予防接種を受けましょう。

みずぼうそう

・はやる季節:12月~7月

・かかりやすい年齢:1~5歳

・潜伏期間:13~21日

・症状:発熱・発疹(紅斑→水疱→膿疱→かさぶた)

・治るまでの期間(めやす):10日

・ポイント:かゆみの強い水疱ができ、かきむしると傷口から細菌感染し、あとが残ったりします。発疹がかさぶたになるまではうつすので外出は控えましょう。1歳になったら早めに予防接種を受けましょう。2回目の接種も忘れずに。

おたふくかぜ

・はやる季節:3月~8月

・かかりやすい年齢:1~6歳

・潜伏期間:11~27日

・症状:発熱・耳下腺のはれ

・治るまでの期間(めやす):7日

・ポイント:耳の後ろにある唾液腺が炎症を起こします。痛みがひどい場合は、冷やすと和らぎます。無菌性髄膜炎を合併すると、頭痛や嘔吐、発熱などの症状が出ます。1歳を過ぎたら予防接種を受けましょう。

インフルエンザ

・はやる季節:1月~3月

・かかりやすい年齢:あらゆる年齢

・潜伏期間:1~5日

・症状:発熱・関節痛・全身倦怠感・せき・鼻水・のどの痛み

・治るまでの期間(めやす):7日

・ポイント:飛沫感染で感染します。毎年冬に大規模な流行がみられますので、流行前に家族全員でワクチンを受けましょう。

感染性胃腸炎(ロタ)

・はやる季節:3月~5月

・かかりやすい年齢:2歳以下

・潜伏期間:2~4日

・症状:腹痛・嘔吐・発熱・下痢・白い便

・治るまでの期間(めやす):日

・ポイント:下痢・嘔吐を主徴とする胃腸炎です。感染経路は主として感染患者からの糞口感染であり、白色の下痢便が特徴です。症状が回復しても10日間程度はウイルスが便中へ排泄されます。脱水症状を起こしやすいので、こまめに水分補給をしてあげましょう。

内科 | 小児科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 血液内科

〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町403番

小本駅徒歩5分小本駅徒歩5分駐車場15台あり駐車場15台あり
Facebook
052-352-2311WEB
診療時間
AM 8:45〜12:00 o o x o o *
PM 3:45〜7:00 o o x o o x

土曜日は8:45〜12:45の診療 【休診日】水曜・土曜午後・日曜・祝日