ホッと通信

小児の感染症

2019.02.11

子どものかかりやすい感染症(予防接種がない病気)

子どものかかりやすい感染症(予防接種がない病気)

感染性胃腸炎(ノロ)

・はやる季節:11月~12月

・かかりやすい年齢:1~12歳

・潜伏期間:1~3日

・症状:嘔吐・下痢・発熱・腹痛

・治るまでの期間(めやす):3日

・ポイント:下痢、嘔吐を主徴とする胃腸炎です。感染経路は主として感染患者からの糞口感染であり、症状が回復しても7日間程度ウイルスが便中へ排泄されます。二次感染を防ぐためにも、手洗いを徹底しましょう。

ヘルパンギーナ

・はやる季節:6月~7月

・かかりやすい年齢:4歳以下

・潜伏期間:2~4日

・症状:発熱・のどに水疱性発疹

・治るまでの期間(めやす):7日

・ポイント:高熱が出て、のどの奥や口蓋に水疱ができる夏かぜの一種です。水疱が破れると痛みを伴うので、脱水症状や食欲不振になりやすいため、水分補給を心がけましょう。

手足口病

・はやる季節:6月~8月

・かかりやすい年齢:4歳以下

・潜伏期間:3~5日

・症状:発熱・口の中の粘膜・てのひら・足底などに水疱性発疹

・治るまでの期間(めやす):5日

・ポイント:発熱とほぼ同時に、てのひら、足の裏、頬の内側の粘膜に盛り上がった水疱性の発疹ができます。
食事は酸味や塩分が少なく、のどごしがよいものを食べさせましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)

・はやる季節:7月~8月

・かかりやすい年齢:5歳以下

・潜伏期間:5~7日

・症状:発熱・のどの痛み(咽頭炎)・目の充血(結膜炎)

・治るまでの期間(めやす):5日

・ポイント:夏かぜの一種で、高熱が出てのどが腫れ、目が充血します。
プール遊びのときに感染することが多く、また、感染者と同じタオルを使うことでもうつります。

溶連菌感染症

・はやる季節:12月~7月上旬

・かかりやすい年齢:5~10歳

・潜伏期間:2~5日

・症状:発熱・のどの痛み(咽頭炎・扁桃炎)・発疹・苺のような赤い舌・皮膚がめくれる

・治るまでの期間(めやす):21日

・ポイント:高熱とのどの痛み、発疹やいちご舌(舌にいちごのような真っ赤なブツブツができる)が特徴です。
有効な抗菌薬を使えば1~2日で発熱やのどの痛み、発疹が消えていきます。

突発性発疹

・はやる季節:通年

・かかりやすい年齢:2歳以下

・潜伏期間:約10日

・症状:発熱・赤い発疹

・治るまでの期間(めやす):6日

・ポイント:生まれてから初めての高熱という場合が多いです。
高熱が3~4日続き、解熱後に赤い小さな発疹が全身に広がります。
発熱したときは、まず受診しましょう。

内科 | 小児科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 血液内科

〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町403番

小本駅徒歩5分小本駅徒歩5分駐車場15台あり駐車場15台あり
Facebook
052-352-2311WEB
診療時間
AM 8:45〜12:00 o o x o o *
PM 3:45〜7:00 o o x o o x

土曜日は8:45〜12:45の診療 【休診日】水曜・土曜午後・日曜・祝日