ホッと通信

白血球減少

2019.01.30

白血球減少

白血球減少

質問

会社の健康診断で「白血球減少症」の疑いありと言われ、精密検査が必要と言われました。健康診断時の白血球数は2900でした。どんな病気でどんな検査が必要なのでしょうか。

 

回答

白血球数は年齢、活動性、遺伝、環境などの影響を受け変動し、個人差を認めますが、白血球数が3000以下の場合には、血液専門医のいる医療機関で精密検査を受けることをおすすめします。

 

白血球数の減少は、骨髄での産生低下、破壊の亢進、脾臓への貯留などの原因で起こります。①骨髄での産生低下によるものには、白血病、骨髄異形成症侯群、再生不良性貧血などがあります。また、服用している薬によって白血球が著しく減少することもあります。②破壊の亢進によるものには、感染症や膠原病などがあります。③脾臓への貯留によるものには肝硬変などがあります。

 

このように原因がさまざまであるため、精密検査が必要となる訳です。薬の服用状況を問診し、血液検査(血液像、肝機能、自己抗体)や腹部超音波検査などを行います。場合によっては骨髄検査が必要です。

内科 | 小児科 | 消化器内科 | 呼吸器内科 | 血液内科

〒454-0872 愛知県名古屋市中川区万町403番

小本駅徒歩5分小本駅徒歩5分駐車場15台あり駐車場15台あり
Facebook
052-352-2311WEB
診療時間
AM 8:45〜12:00 o o x o o *
PM 3:45〜7:00 o o x o o x

土曜日は8:45〜12:45の診療 【休診日】水曜・土曜午後・日曜・祝日